expr:class='"loading" + data:blog.mobileClass'>

2017年8月16日水曜日

金平糖袋の作り方(準備編)3裏打ち布


金平糖袋の作り方(準備編)1着物生地の水通し

金平糖袋の作り方(準備編)2着物生地の選び方

布の縫い目が傷みにくいように裏打ち布を付けるのですが、
金平糖袋の実物を解いてみた時には晒が使われていました。
包丁一本~晒に巻いて~の「晒(さらし)」です。


真っ白な綿100%の布で、一重の着物の肩部分や
「居敷当て」といって、お尻の部分の縫い目や生地が
傷みにくいように当て布としてもよく使う布です。

何かと使えるので、ひと巻きあると便利です。
腰を痛めた時とか、腰にギュッと巻いたりしてました。(///∇//)

最近では手縫いで手が痛い時に
指にギュッと巻いていました♪


新モスと呼ばれる綿100%の布は
晒よりも柔らかめで目が細かく、カラーが豊富なので
最近では着物のお色に合わせて使われる方も
多いようです。
新モスも裏打ち布に向いていると思います。

本で見たものは接着芯が使用されていて、
初めて作られる方には接着芯の方が作りやすいかなーと
思います。

私自身も最初の頃は晒や新モスを使っていたのですが
印付けがしやすいので、今は接着芯を使う事が多いです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
不織布接着芯(薄)[f12012]
価格:25円(税込、送料別) (2017/8/16時点)

本体の表裏に使うのは不織布の薄手タイプで


最近変えたばかりなのですが
口布部分には薄手の織りタイプを使っています。


どうしても口布部分には負荷が掛かりやすく
ギュッと絞ってシワシワになった時に
不織布の接着芯の場合、経年劣化が早いのではないかなー?
と考えたからです。

今のところ、私自身が長年愛用している金平糖袋も
そういった傷み方はしていないのですが、
出来るだけ長く使えるようにと考えています。(*´▽`*)

いろいろな作り方があると思うのですが
私は先に裏打ちをしてから印付けして
着物生地を裁断するので、先に接着芯を裁断します。

次回は接着芯の裁断になります。


2017年8月15日火曜日

日本的思想と米的思想の間で苦しんでないかい?


最近の「欧米では云々」と語られる時、
それはほぼ、大国を指すことが多いように思います。
欧米ではなく、「米」。(偏見)

なんやろ?
東洋思想といっても、私が知っているのは
インドや中国やその他の国から伝わってきて
日本でアレンジされた仏教的神道的日本思想。
そんな風に思うのですが(独断)

「言葉」ひとつを取っても、
米的思想と日本的思想では根本的に違っているように思います。

「人脈とかターゲットとか集客とかゆー言葉が苦手だ。」
という記事にも書かせていただきましたが
「客層や客筋」のことをターゲット(標的・獲物)
と呼んだり、

「ビジネスライク」という言葉も
「ビジネスのように考えよう」ってことで
自分にも相手にも利益になるように考えようって、
一見、皆にとって良いことのように思えますが

うーーーん。。。???
なんか違うように思えて。(´・ω・`)

別に自分の利益にならへんかっても
応援したい人は応援したいでしょ?

「この人にこうしたい!」って思う時
自分の利益とか、考えへんでしょ?

「こうしてあげるから、こうしてね。」とか
思わへんでしょ?

自分が「そうしたい」と思うからするだけで
それに見返りをいちいち求めるとか
そんなメンドクサイこと考えへんでしょ?

自己犠牲とかじゃなくて「したい!」
という自分の欲求に駆られてするだけでしょ?

「私があなたを好きなんだから、
あなたも私を好きになりなさいよ!きー!」
なんてストーカー的発想にはならへんでしょ?

「そうしたい!」という欲求の方が先立つからか?
自分にとっての「損得勘定」というのは
自分ではよくわからないのですが(;´∀`)
「損得勘定」で近づいてくる人は
だいたいすぐに見分けがつくようになってきました。

で、そう人に限って人間関係に悩んだはったり
誰かに騙されたとか裏切られたとか
被害者感情が強かったり。

あくまでも私の思う米的思想宗教観なんですけど、
一人か二人の神様だけが絶対で
善か悪か、正か邪という二元論の価値観のように
思います。(独断と偏見)

日本的思想は仏教も神道もあって
ヤキモチ焼きの神様がいたはったり
貧乏の神様がいたはったり。(≧▽≦)

絶対神ではなく、人間っぽくて
フラットに近い関係。(独断と偏見)

森羅万象すべてのものごとに
神様や仏様が宿っていて
八百万の神々がいる。
要するに「何でもあり」の宗教観だと思うのです。

「ゆるい」(≧▽≦)

その「ゆるさ」が日本的思想の根源なのかなー?
とも思います。

私も含めて、「日本人は無宗教だ」と言われますが
ゆる~~~く日常の中に、生活のそこかしこに
神様や仏様が存在するからではないかなー?と。

「絶対にこうでなければいけない」ってことがなくて、
「仏教が嫌やったら神道でもええんちゃう?」的な。

「でも、全部捨てるのはどうかな?」的な。

そういう「ゆるさ」って変化にも強くて、
「自分で考える・決める」という幅もあって
実は今の時代にも向いているのではないかな?と。

「自分の価値観と合わないものは
全部、悪だ!!認めない!!」っていうのじゃなくてね。

「自分にとっても相手にとっても利益になる」という
ビジネスライクな考え方も良いでしょうが、
「見返りを求めない」という仏教的思想も
楽ちんですよ。(≧▽≦)

人間関係で悩んだはる方の多くが
人様を自分の思うようにコントロールしたがってたり
自分の価値観が「絶対」だと考えたはったりします。
それなのに「独自の価値観」ではなく、
「大勢の人が認める価値観」を良しとします。
要するに己(おのれ)がいない。

こういう方って日本的思想と米的思想の間で
苦しんだはるように見えてしまうんですよね。
二元論がお好きだし。(独断と偏見)

まぁ、私のようにあれもこれもというような
節操の無い幼虫に言われたくないと思いますが。(///∇//)

損とか得とか利益よりも
自分が本当はどうしたいのかって事を優先すると
もっと楽になるではないかなー?と思っただけです。

苦しい事が悪い訳じゃないですけどね。
苦しんだ先にしか見えないものもあるので。



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


じゅごんろ~どネットショップ

じゅごんろ~どホームページ

じゅごんろ~ど作品紹介(オーダー見本)


マリアビートルの巾着(赤・大)

2017年8月14日月曜日

金平糖袋の作り方(準備編)2着物生地の選び方

金平糖袋の作り方(準備編)1着物生地の水通し

金平糖袋の作り方(準備編)3裏打ち布

元々の金平糖袋は、
実物も本で見たものも2色遣いだったのですが、
じゅごんろ~どの金平糖袋はアレンジして
作っています。(*´▽`*)

作り方を説明するとなると、
基本に近い形で作った方が解りやすいかなー?
と思って、今回は二色遣いにしようかと♪

反物を取り出しては並べて、
組み合わせを考えるのも楽しい時間です。(∩´∀`)∩


赤と黒とか、コントラストが強い方が
構造が解りやすいと思ったんですけど、
黒だと色が潰れて解りにくいかも?
ってことで紫の紬と組み合わせることにしました♪

なでしこ

やさしいお色の一色で作ると、こんな感じで

いづれアヤメかカキツバタ

「ぼかし」という色のグラデーションがある部分を使うと
一色でもこんな感じです。(*´▽`*)


黒の一色でも可愛いんですよ♪(自画自賛)

カラフルに3~8種類くらいの生地を組み合わせると





こんな感じになります♪


絞り」という技法を使った反物を使っても
仕上がりがふっくらして可愛いです。(*´▽`*)

私が主に、新古品の訪問着やお振袖を
材料として使う事が多いのは
着物としてお仕立てした場合に
「難(なん)」のあるものを使っているからです。

着物としてお仕立てした時に1枚の屏風絵のようになる
「絵羽(えば)」ものの訪問着やお振袖は
「柄合わせ」をするので
「難」があった場合に「難」の部分を避けて裁ったり
左右を入れ替えて縫い込み部分に
「難」を隠すという事が出来ません。
(柄を合わせないと、かなり歌舞いた出で立ちになります)

「難」の部分を直してお仕立てするにも、
もう1枚着物が買えるくらいの
金額が掛かってしまうとなると
なかなか売れ残ってしまう事が多いようで、
そんなお話を呉服屋さんで伺ったので

素敵なのに、着物として着られる事がない反物を
日常生活でもっと使えへんかなー?と
和裁のお稽古に通っていた頃から
「難」のある反物を買って
お洋服や小物やインテリアとして
お仕立てするようになっていました。

もちろん、おうちで眠っている着物を解いて
金平糖袋を作ることも出来ますので、
皆さんそれぞれの、色や柄の組み合わせを
楽しんでいただけたら良いなーと思います。(*´▽`*)

今日はお昼に寝落ちして、
気付いたら5時間も眠っていたのですが(≧▽≦)
夜10時ごろにはもう既に
また眠くなっているという
ねむねむモードな日です。

朝晩が少し涼しくなったので
身体がホッとしてるのかもですね。( *´艸`)



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


じゅごんろ~どネットショップ

じゅごんろ~どホームページ

じゅごんろ~ど作品紹介(オーダー見本)


2017年8月13日日曜日

手作り 金平糖袋 はちみつ


お盆なので、めっちゃ空いてる京都です。(∩´∀`)∩
お買い物も楽々で、ちょっと一息つける感じです♪

なぜかイエロー熱が続いていて完成したのが
金平糖袋 はちみつ です♪

金平糖袋 はちみつ


京都にも蜂蜜専門店さんがあって、
オープン当初は珍しくて色々とハチミツを買い揃えて
味比べを楽しみました。(*´▽`*)
百花蜂蜜と呼ばれる様々な花の蜜を集めた蜂蜜や
アカシアやレンゲなど1種類の花の蜜を集めた蜂蜜など、
同じ蜂蜜でも色とりどりで、
今回はそんな蜂蜜をイメージして作りました。


和色では淡黄色(たんこういろ)と呼ばれる淡い黄色と
承和色(そがいろ)と呼ばれる
ほんの少しだけ緑味を帯びた淡い黄色や
玉蜀黍色(とうもろこしいろ)と呼ばれる
玉ねぎの皮のようなブラウン寄りのお色等
やさしい雰囲気のカラーを組み合わせました。

作品を通して、
お蚕さんを育てて下さっている方々、
お蚕さんから白反物を作って下さっている方々や、
着物づくりに携わっていらっしゃる方々の仕事の素晴らしさと
着物生地の素晴らしさが少しでも伝わりましたら幸いです。


素材は丹後ちりめんで、
上質な訪問着の反物を組み合わせています。
古布ではないので、しっかりとした厚みがあります。
江戸打ち紐のみ、レーヨン100%です。

紐通し口には補強を兼ねて
ビーズを縫い付けてあります。

サイズは口布部分の幅が最大約18㎝。
深さは最大約15㎝です。
丸い形状ですので、意外にたくさん入ります。



手に持つとこんな感じなのですが、
私の手は女性にしては大きめなので
ご参考までに。(●´ω`●)ゞ


写真を撮って気付いたのですが、
めっちゃ手も日焼けしてますね。(///∇//)

先日は腕の皮がめくれていたので、
擦り傷かなー?と思ったのですが
日焼けしてめくれてきただけでした。(≧▽≦)

金平糖袋 はちみつ は
それぞれのお店に出品しています。

2017年8月12日土曜日

YouTubeのスライドショー作成機能が廃止されるんだって


先ほどYouTubeのスライドショーを作成していたら
スライドショー作成機能は2017年9月20日で
終了しますってよ。Σ(・ω・ノ)ノ!

えええええ~~~!!
デジタラーになりきれないアナロガーな私は
の、の、の、のうしたらいいのーーー(つД`)ノ
と一瞬、途方に暮れてしまいました。

サクッと調べてみましたら
Windowsのlive movie makerで
スライドショーも作れるしYouTubeにも
アップロードできると知って、ひと安心です。(∩´∀`)∩

まぁ。。。使ってみないことには
アナロガーな私に出来るかどうかは
不明なのですが。(///∇//)

そんなことをいうても
出来なければ
出来るまでやるしかないんですけどね。(;´∀`)

''o(゚д゚o)ヨシッ 

使う人にとっては便利な機能も
使う人数が少ないと淘汰されるんですよね。

YouTubeさんによりますと、
その分、他の機能を充実させる方針だそうです。
企業にとっては当然の選択なので
らいぶむーびーめーかーを使いこなせるように
頑張ります♪



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


じゅごんろ~どネットショップ

じゅごんろ~どホームページ

じゅごんろ~ど作品紹介(オーダー見本)